作成日:2018年12月18日

あなたは大丈夫?【男女別】不倫する人の特徴につい

man-and-woman-1464255_1920

 

現代は、不倫が原因となって離婚に踏み切る夫婦が非常に増えています。とあるアンケートでは、100人の内の約4割が「不倫経験がある」、または「不倫願望がある」という結果が出ています。

 

昔と比べて、不倫はあまり珍しいものではなくなっているのです。

そこで気になるのが不倫する人の心理です。今回は、不倫する人の特徴をご紹介します。現在不倫で悩んでいて、相手の心理を知りたいという方はぜひ参考にしてください。

 

 

不倫する男性の特徴

 

まずは、不倫する男性の特徴をご紹介します。

 

  1. 不倫する既婚男性の特徴

 

家庭を持っている男性で、不倫しやすい場合は以下のような特徴があります。

 

  • 性欲を満たしたい
  • 家庭がうまくいっていない
  • 頼りにされたい、必要とされたい

 

男性は、家庭がうまくいっていなかったり、家庭内で蔑ろにされていたりすると、自分を頼ってくれる相手を求めて不倫に走りがちです。

男性は、頼りにされる・必要とされることで、喜びを感じるのです。

 

また、単純に自分の性欲を満たしたいだけで不倫する男性も多いです。

 

性欲を満たしたいために女性を騙し、肉体関係を結ぶ男性も多いので注意が必要です。

 

  1. 不倫する独身男性の特徴

 

不倫の中でも、パターンが少ないと言われる独身男性が不倫する場合の特徴は以下の通りです。

 

  • 純粋で正直で甘えたがりの性格な男性
  • 完全に割り切った肉体関係を求めている

 

男性は、あまりややこしいことは考えない傾向にあります。

 

本気で相手を好きになってしまったか、肉体関係だけを求める場合が多いです。

 

最近は相手に縛られることを嫌って、好んで独身を選んでいる男性も増えています。そして、性欲を満たすためだけに既婚女性を狙う、という場合があるのです。

 

また、純粋で甘えたがりの男性は、既婚女性に母性を求める場合があります。この場合は、肉体関係がなくても関係を継続していくケースがあります。

 

 

不倫する女性の特徴

 

では、不倫する男性に対して不倫する女性はどのような特徴があるのでしょうか。不倫する女性の特徴をご紹介します。

 

  1. 不倫する既婚女性の特徴

 

家庭を持っている女性で不倫しやすい場合の特徴が以下の通りです。

 

  • セックスレスである
  • 家庭がうまくいっていない
  • いつまでも女性として扱われたい

 

女性は家庭がうまくいっていなくて、外に刺激や安らぎを求めて不倫する場合があります。

 

また、いつまでも女性として扱われたいと考える女性は、家庭円満で、相手ともうまくいっているのにも関わらず、不倫をしてしまうことが多いです。こういった女性は、母や妻としてではなく、独身時代と同じようにちやほやされ、求められることに女性としての喜びを感じているのです。

 

相手のためにいつまでもキレイでいたいからと、メイクや服装に気を付けている女性も多いですが、中には、不倫しやすい女性もいるので注意しましょう。

もちろん旦那様に喜んでもらいたいという気持ちもあるのですが、いつでも自分のことを女性として男性に見られたいという気持ちもあるのです。

 

不倫する既婚女性の特徴の一つに、露出が多いファッションを好む傾向があります。

 

  1. 不倫する独身女性の特徴

 

独身で不倫している女性の特徴は以下の通りです。

 

  • 見た目が地味である
  • 自分に自信がない
  • 自分に自信がある

 

自分に自信があるとないとでは真逆なのですが、どちらも不倫に陥りやすい特徴です。

 

自分に自信がない女性の場合は、アプローチしてくる男性がたとえ既婚者であっても、女性として扱われていることに喜び、相手に流されるまま不倫関係を持ってしまうのです。

 

自分に自信がある女性の場合は、たとえ既婚男性でも落としてみせるといったプライドから、自ら肉体関係を持とうとするのです。

 

見た目が地味な女性は、自分では自覚が無くても既婚男性に狙われやすい特徴があるのです。

少し地味な女性の方が男性は狙いやすく、安心しやすいのです。

 

不倫する独身女性は少なくありません。泥沼に陥らないために、相手に流されずに自分をしっかり持つことが大切です。

 

 

パートナーの不倫でお悩みなら

 

不倫には色々なトラブルがつきまといます。

もし、現在、相手の不倫にお悩みなら次の方法で解決していきましょう。

 

  1. 不倫かどうかをはっきりさせる

 

相手の不倫を疑っている段階なら、白黒はっきりさせることが大切です。

 

不倫をはっきりさせるために最も確実なのは、探偵事務所に調査を依頼することです。不倫調査のプロである探偵は、裁判になった場合でも、有効となる証拠を見つけてくれるでしょう。

 

また、個人で浮気調査を行うと危険を伴います。さらなるトラブルに巻き込まれてしまう場合もあるので、早めに探偵事務所の力を借りることがおすすめです。

 

  1. 不倫がわかったら弁護士に相談を

 

不倫調査をして相手が不倫していることがわかったら、その後の選択肢は以下の2つです。

 

  • 不倫を許して夫婦関係をそのまま続ける
  • 離婚する

 

相手の不倫を許して夫婦関係をそのまま続けるにしても、不倫相手に慰謝料を請求することが可能です。また、相手に「もう二度と不倫しません」といった誓約書を書かせることもできます。

 

どちらにせよ、不倫相手に何かしらのペナルティを与えることが大切です。

 

離婚を選択した場合は、取り決めることがたくさんあるので注意しましょう。慰謝料はもちろん、親権、養育費、財産分与、別居時の婚姻費用など決めることは色々です。

 

できるだけ早く離婚したいという理由で、このような取り決めをしないまま離婚に踏み切ろうとする方も少なくありません。しかし、取り決めをしっかりしたうえで離婚することが重要なのです。

 

必ず、離婚協議書に、できれば専門家の力を借りて、力のある公正証書をつくることがおすすめです。

 

また、離婚する場合もしない場合も、まずは離婚問題に強い弁護士に相談することがおすすめです。特に、不倫が原因で離婚を考えた場合は、なるべく早めの段階で弁護士に相談することで、泥沼を避けることができるでしょう。

 

 

最後に

 

今あなたが不倫で悩んでいるなら、まずは不倫する人の特徴を参考にしてみてください。

 

愛の形にルールや決まりはなく自由なのですが、それで誰かを傷つけて良いわけではありません。不倫するにはそれなりの責任が伴うのです。

 

また、不倫で色々なトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、不倫問題で悩んでいるなら、早めに弁護士に相談することがおすすめです。