Profile

代表社員弁護士 中間隼人

代表社員弁護士 中間隼人
代表社員弁護士

中間 隼人

HAYATO NAKAMA
神奈川県横浜市出身
横浜市立桜丘高校、上智大学法学部卒業、一橋大学法科大学院修了
平成23年
司法試験合格
平成24年12月
弁護士登録 第一東京弁護士会入会
平成26年 4月
横浜弁護士会(神奈川県弁護士会)に登録替え
平成26年
夫婦カウンセラー(JADP 認定)資格取得
平成29年
動物法務士(FASA認定)資格取得
令和 元年
中小企業診断士登録
令和3年 12月
社会保険労務士登録 「なかま社労士事務所」開業
  • 弁護士ドットコム「最大級の弁護士グループが太鼓判を押す弁護士ベスト50」選ばれました(2014年10月週間ダイヤモンド)
  • 株式会社プレジデント社発行「プレジデント」(2017.10.16号)で「使える裁判証拠の作り方」という記事でコメントしました。
  • 弁護士ドットコム 弁護士ランキング 神奈川県第3位(2020年4月30日現在)

中間先生はこんな人?

Qお休みの日の過ごし方

愛犬(小太郎 コーギー♂)との散歩、子供と遊ぶ

Q好きなプロ野球チームは

東京ヤクルトスワローズ

Q自分の長所は?

落ち着いているトコ。いい意味でマイペースだと思っています(笑)

Qかっこいい男の条件は?

謙虚 / ポジティブ / 自分の考えを持っている

Q座右の銘は

「人間万事塞翁が馬」
「勝つべきものは勝ち、負けるものは上手に負ける」

Q弁護士の仕事をやっていてやりがいを感じる時は?

月並みですが、やっぱり相談後や事件終了時にお客様に「ありがとう」と言ってもらえる時ですね。難しかったり、苦労した案件ほど、ホッとする瞬間です。この仕事やっていてよかったと思えます。

Q弁護士の仕事で難しいと思うことは?

いわゆる負け筋といわれる事件の時ですね。依頼者の方にいかにして納得していただくか、とても考えます。相手方がいて、法律がある以上当然勝つばかりでなく負ける案件時もあります。その上で、「勝つべきものは勝ち、負けるものは上手に負ける」これが弁護士に求められる能力だと思います。

Q弁護士中間隼人の考える ”良い弁護士“ とは?

人と向き合い、人の話をきちんと聞ける弁護士ですね。ただ、相手を打ち負かすだけの勝った負けただけの価値観でなく、対立する相手方ともウィンウィンの関係になれるような解決に導ける・・・そんな弁護士を目指しています。

弁護士中間隼人からのご挨拶

「事務所設立以降、年間約300人の方のご相談をお聞きし、解決してまいりました。今後もお一人お一人に最善の解決策をご提示し安心できる生活を取り戻せるよう尽力してまいります。」