作成日:2018年09月05日

インターネットの出会いにおける男女間の問題

iphone-393080_1920

マッチングアプリは婚活アプリなどとも呼ばれる、男女のマッチングや結婚を目的としたアプリです。恋愛を目的として男女が活用するため、恋愛アプリとも呼ばれます。

 

男女のインターネットにおける出会いのきっかけの1つになっているマッチングアプリは、気軽に出会いを見つけることができるという魅力があります。しかし、中にはインターネットの出会いでトラブルに発展してしまうケースがあるため、注意が必要です。

 

マッチングアプリを含めたインターネットでの出会いで起きがちな男女問題について解説します。基礎知識を固め、トラブルを回避しながら有効な活用をしましょう。

 

 

■インターネットでの出会いのリスクは「相手が見えない」こと

 

SNSやアプリが発達し、インターネット上でも異性と出会えるようになりました。中にはインターネットでの出会いがきっかけとなり、結婚するカップルも存在します。同性同士の場合は、インターネットでの出会いから話が弾み、親友関係になることもあります。

 

インターネットやアプリという単語からリスクを感じてしまう人も少なくありません。しかし、インターネットでの出会いがきっかけで、プラスの人間関係を手に入れる人もいるわけですから、必ずしも危険である、リスクが高いと言い切ることはできません。

 

しかし、インターネットは相手の顔や所作も見えません。話す時の声の調子も、ボイスチャットなどの機能を使わない限りは聞こえません。必ずしもリスクがあるとは言い切れない。しかし、相手がどんな性格なのかを判断する材料の1つである声や表情が見えない、聞こえないため、リスクがまったくないとも言い切れません。

 

表情や声で事前に性格や人間性の判断材料を手に入れることが難しいインターネットでの出会いは、ある程度言葉を交わしてからトラブルに発展するケースが多いという特徴があります。インターネット上でのやり取りだけではわからなかったことが実際に会うことにより明るみになり、男女問題になるのです。

 

インターネットを介さない出会いの場合事前に表情などで「この人とは絶対に会わない」「苦手なタイプ」を弾くことができます。それができないのが、インターネットの出会いの弱点とも言うべき部分です。

 

インターネットでの出会いでは、実際にどんな問題が起きているのか、よくあるトラブルを知っておきましょう。知っておくことで、自分と会わない人や関係を構築することでトラブルになりそうな人を予測し、あらかじめ弾くことができる可能性がアップします。

 

それでは、実際にある男女問題を見ていきましょう。

 

 

  • 交際後もマッチングアプリなどでインターネットの出会いを探し浮気に発展

 

マッチングアプリなどで出会った男女が、交際後にもマッチングアプリをやめておらず、新たな異性と出会うことによって浮気に発展することがあります。

 

マッチングアプリで出会った男女は、出会いの場として「インターネットが使える」「マッチングアプリを使うと異性と出会える」ことを知っています。マッチングアプリの活用やインターネットでの出会いに消極的な人は、そもそもインターネットで出会いを探すということに対しても「本当に出会えるの?」「インターネットでの出会いは苦手だな」という意識を持っています。

 

苦手意識を持っていると、インターネットを出会いに使うことへ一歩踏み出すことにすら大きな決意が必要です。ハードルが高いのです。

 

その点、一度実際に使ってみて、しかも出会えたという経験を持つ男女は、インターネットでの出会いやマッチングアプリでの出会いに積極的なことが多いという傾向があります。ハードルが低くなるのです。そうすると、浮気をする気がなくてもまた気軽にインターネットで出会いを見つけてしまい、最終的に男女問題に発展してしまうことがあります。

 

 

  • 交際中もインターネットで新しい出会いを続けて二股や三股交際をする

インターネットやアプリに慣れていると、二股や三股、それ以上の異性との同時交際も隠せてしまいます。また、インターネットで出会いを探せば、同時に交際できる相手を簡単に探すことができてしまいます。

 

簡単に出会える。簡単に使える。一度使うとハードルが下がるという本来はメリットとも捉えられる点が「浮気しやすい」「同時に複数の異性と付き合いやすい」という男女問題を引き起こすデメリットになってしまうのです。

 

 

  • 交際がスタートしてから既婚者だと発覚して男女問題に

 

インターネットでの出会いは、身元を詳細まで明るみにしなくて済むというメリットがあります。会社の同僚や友人に知られずに交際の相手を探すことができるのは、大きな魅力であると考える人も多いはず。

 

しかし、自分の情報を詳細に開示せずに出会いを見つけることができるということは、相手の情報をよく把握していないことと同義です。プロフィールなどを知っていても、インターネットサービスのプロフィール欄に住んでいる場所から家族構成、誕生日に住所、職務経歴などを事細かに書く人はまずいません。要するに「書く側が好きに情報を取捨選択している」ということです。

 

結婚後の浮気にインターネットの出会いを利用しようと考えている男女は、プロフィールに「既婚」などとは書きません。隠します。

 

交際がスタートしてから既婚が発覚し、男女問題に発展するケースがあります。相手は情報を取捨選択していることを気に留めておき、関係の構築は慎重に進めましょう。

 

 

■最後にiphone-393080_1920

 

インターネットは異性との出会いの場として、「簡単」「色々な地域の人と出会える」などのメリットがあります。反面、プロフィールでの情報の取捨選択や、顔が見えないことにより相手の性格などを掴み切れないというデメリットがあります。デメリットが最終的に男女問題に繋がることが多いため、注意が必要です。

 

インターネットでの男女トラブルは、早めの解決が鍵になります。違和感や不安を覚えたら、すぐに弁護士へ相談しましょう。