作成日:2018年06月04日

20代の男女に多いトラブルとトラブルを回避するための知識

model-2748342_1920

男女トラブルにも年代によって特徴があると言われています。たとえば、50代の男女のトラブルはどんなトラブルがあると想像できるでしょうか。50代は退職を目の前にした年代です。また、子育てがそろそろ一段落し、ある程度の年数を伴侶と共に過ごしている年代です。だからこそ「長年の我慢」「新しい人生」がキーワードになるような男女トラブルが多いことが特徴です。では、20代はどうでしょう。

 

20代は、成人して間もない年代です。20代という年代に多い男女トラブルについて考え、パートナーとのトラブルを回避しましょう。トラブルと回避方法は3つあります。

 

20代の男女に多い3つのトラブル

 

20代に多い男女トラブルには「浮気」「価値観の違い」「異性に騙された」があります。20代は成人して間もない年代です。婚姻生活や恋人関係も、50代の「結婚生活がそろそろ30年です」という年代よりも、短いことが特徴です。社会経験も、30代や40代より浅いため、「社会経験の浅さ」「パートナー関係の短いさ」がキーワードになる男女トラブルが多い傾向にあります。

 

 

1.浮気による男女トラブル

20代だけでなく、全ての年代に多いトラブルが「浮気」です。結婚生活に疲れている時や、お酒を飲んで気分が高揚している時、そしてパートナーにちょっとした不満やモヤモヤを抱えている時、異性に優しくされると、コロリと別の異性に落ちてしまうことがあります。

 

配偶者や恋人がいても、通りを歩いていて綺麗な女性や素敵な男性といった自分の好みの異性がいると思わず目で追ってしまいませんか。これは、年代問わず、よくあることです。だからこそ、浮気による男女トラブルは年代を問わず見受けられるという特徴があります。もちろん、20代にも浮気によるトラブルは非常に多くなっています。特に20代は若さや活発さのあふれる世代です。自然と外に出る機会や、異性と知り合う機会も多くなります。機会が多いと、それだけ浮気に発展してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

浮気の回避方法の1つとして「コミュニケーション」が挙げられます。コミュニケーション不足によって不満を抱えた状態は、より浮気に走りやすい状態です。パートナーとコミュニケーションを密にすることによって不満点を解消し、「不満」「寂しさ」によって異性に走り難い状態を作り上げておくことが重要です。コミュニケーションはパートナーの浮気防止だけでなく、自分自身の浮気を防止するためにも役立ちます。

 

 

2.価値観の違いによる男女トラブル

20代に多い男女トラブルの2つ目は「価値観の違い」です。20代で婚姻している場合、基本的に婚姻期間は50代や40代より短いことが多くなります。婚姻期間が短いということは、これから乗り越えるべき「価値観や考え方の違いが多い」ということになります。50代や40代は、既に夫婦間のちょっとした違いを乗り越えていることが多いのですが、20代はこれから乗り越える世代です。

 

「目玉焼きはソースか醤油か」「お味噌汁は赤味噌か白味噌か」「掃除機は週に何回かけるか」「猫派か犬派か」などにはじまって、子育てや金銭の考え方、配偶者以外の異性との距離感など、パートナーと価値観的に異なる部分が大きく浮き彫りになることも多いはずです。価値観の違いが見えた瞬間、トラブルに発展することがあります。

 

価値観の違いによって起きる男女トラブルを防止する方法の1つも、「コミュニケーション」です。結婚は男女の終着点ではありません。好きな人と付き合うことができればハッピーエンドというわけでもありません。結婚やお付き合いが新しいスタート地点になります。

 

価値観で揉め、大トラブルに発展しないように、小さな違いについてもよく話し合い、関係に亀裂を生じさせないように注意が必要です。コミュニケーションをとることにより、妥協点が見える可能性が高くなります。

 

 

3.異性に騙されて男女トラブルに

20代の男女に多い男女トラブルの3つ目として、異性に騙されることにより発生するトラブルがあります。全ての年代において人に騙されることはあるのですが、20代は男女の交際経験が40代や50代より浅いため、狙ってターゲットにされることがあります。

 

20代の女性などは上の年代の男性に落ち着いた対応をされると信じ切ってしまうことがあり、後に「嘘をつかれていた」「騙されていた」「未婚だと言われていたのに、既婚者だった。知らないうちに不倫の当事者になっていた」というトラブルに発展することがあります。

 

異性に騙されて男女トラブルに巻き込まれないためのポイントは、恋愛相手の言動をよく見ることです。相手が自己弁護ばかりしていないか、言動に不自然な点がないかを、よくチェックすることが大切です。

 

お金の無心が多い相手も注意したい相手です。お金の使い方をチェックすると共に、金銭トラブルを起こしていないか、自分は都合のいいお金だけの相手になっていないかを、冷静になってよく考える必要があります。心配なら、弁護士などの専門家や父母などの自分より人生経験の豊富な人間に相談することも方法の1つになります。

 

 

最後に

 

20代の男女に多いトラブルは、20代という年代特有の「活気」「外出の多さ」「恋愛経験の浅さ」などが引き金になるトラブルです。もちろん、20代が全て恋愛経験の浅い人というわけではありませんし、交友関係が広く外出好きというわけではありません。ただ、浮気といった悪い遊びを楽しみたい異性に「若いから」「恋愛経験が浅く簡単に引っかかるだろう」と目を付けられやすいことは、想像しておく必要があります。また、ある程度の交友関係が固まっている年代より、どんどん交友関係を増やしてゆく20代の方が異性と会う機会も多くなりがちで、浮気のリスクがあるということも、想像しておく必要があります。

 

20代に多い3つの男女トラブルを事前に知り、回避するための知識を深めるようにしておきましょう。日頃から意識しておくだけで男女トラブルのリスクが低くなります。結果的に、男女トラブルの回避にも繋がることでしょう。