作成日:2018年04月25日

相手が離婚に応じない理由と離婚するために必要な条件とは

N745_koibitowonakashitesimau_TP_V

離婚は、離婚届を提出すれば成立します。しかし、離婚届には夫と妻双方のサインとハンコが必要です。片方が渋ると、離婚できません。

相手が離婚に応じない理由とは、どんなものでしょうか。また、離婚するためにはどんな条件が必要なのでしょうか。何となく「離婚」という言葉が脳裏をよぎる人のための基礎知識です。

 

 

■離婚条件と話は別物?相手が離婚に応じない理由とは

片方が離婚を願っていても、もう片方が離婚に応じないと、なかなか離婚はスムーズに進みません。「離婚届さえ提出すればいい」という簡単なことがなかなかできないことが、「泥沼離婚」と呼ばれる離婚の特徴です。離婚自体は簡単ですが、離婚届の提出や記載という段階になかなか進むことができないのが、難航する離婚です。

 

相手が離婚に応じないことには、相応の理由があります。次のような兆候や理由があると、離婚は比較的難航する傾向にあります。また、離婚を考えていても、相手が離婚に応じない可能性が高いと言われます。

 

① 金銭的な問題がある

離婚した場合、夫婦だった二人は他人として新しい人生をスタートすることになります。生活費も、離婚後は「夫婦の財布」から出すことができず、双方が自分の生活のお金をまかなうことになります。金銭的にも別離するということです。

 

片方が離婚後の生活に金銭的な不安を抱いていると、離婚が難しくなる傾向にあります。

例えば、夫が会社員で、妻が専業主婦の場合などがこれにあたります。妻が離婚後に生活費を稼ぐ手段を見つけていればスムーズに離婚話が進むのですが、見つけていない場合は妻の生活費不安から、妻側が離婚に反対するケースが多いです。妻が働いている、ないしは妻の方が収入の多いケースでも同じことが想定されます。

 

② 財産で揉めている

財産分与慰謝料養育費の額などの財産の分け方や支払い方で揉めていると、離婚が難航する傾向にあります。離婚届を提出すると、これらの問題が決していなくても、基本的に離婚が成立してしまいます。だからこそ、離婚届を提出する前に、財産分与や慰謝料、養育費について納得の行く答えを出そうと考えて、双方または片方が離婚に応じないことがあります。

 

離婚が成立してしまうと、再度顔を合わせて話し合いをすることが辛くなります。また、離婚の成立と共に片方が音信不通になってしまい、結局、財産分与や慰謝料、養育費が決まらなかった、支払われなかったというケースもあります。離婚には賛成していても、お金の話をきちんと決めてから出ないと離婚に応じないというケースです。

 

③ 親権が決まらない

離婚届には子供の親権を記載する欄があります。子供がいる場合、父親と母親のどちらが離婚後の親権者になるかで揉めると、なかなか離婚が成立しません。強固に親権を主張していると、もう片方も親権が欲しいと思っている場合は、離婚に応じない可能性があります。

子供の親権が決まっていない、または離婚届の親権の欄が空白だと、離婚届が受理されない取り扱いになっています。

 

④ 心情的な問題がある

離婚を申し出ても、片方が心情的に納得していないと、離婚届の提出には至りません。例えば、片方はまだパートナーを愛している場合や、離婚の原因に不倫があった場合などによく見受けられるケースです。

 

離婚自体には同意していても、不倫が前提にあったせいで「簡単に離婚してやるのは悔しい」と思ってしまうのです。また、片方が離婚に対して前向きでも、もう片方が「離婚は嫌」と心情的に嫌がっている場合は、離婚に応じてもらうことが難しくなります。

 

⑤ 離婚後の生活が決まっていない

離婚後の生活にビジョンがなければ、なかなか離婚が成立しません。片方が離婚に乗り気でも「結婚後は一人で子育てすることが難しそう」「住むところもなければ、子供を預けるところもない」「離婚するより、結婚生活で我慢していた方が衣食住も安定する」「離婚が面倒」という思考がもう片方にあれば、なかなか離婚に至りません。

 

 

■離婚するための必要な条件とは

離婚は、夫婦がお互い同意して離婚届に記載し、提出すれば特に理由がなくても成立します。ただ、片方が離婚に応じない場合は、調停や裁判によって離婚を進めることになります。離婚や調停になった場合「特に理由はありません」という離婚は、基本的に認められないことが多くなります。離婚の条件を満たしていることが必要になります。

離婚の条件は、法律で定められています。大よその離婚が認められる条件は「相手が不倫している」「DVがあった」「モラルハラスメントがある」「生活費を渡さない」などです。この他にも離婚の条件があります。自分の事情は離婚条件に合致しているかどうかは、弁護士などの法律の専門家に相談するといいでしょう。

 

 

■最後に

相手が離婚に応じない場合、「離婚に応じてもらえない」という表面的な部分を捉えるのではなく「どうして離婚に応じてもらえないのか」を冷静に分析することが必要になります。冷静に分析した結果、離婚に応じない理由がわかれば、理由を解決すればスムーズに離婚に至る可能性があるからです。

離婚条件は、「条件にあてはまったから必ず離婚できる」というわけではありません。離婚が難航すれば、最終的に裁判所の判断になります。いきなり裁判所での離婚を検討するのではなく、まずはなぜ相手が離婚に応じないかの理由を考えるところからはじめてみてはいかがでしょうか。