作成日:2018年02月20日

離婚について弁護士に依頼することで得られるメリットとは

lgf01a201405121100

 

離婚は離婚届を提出すれば成立するため、弁護士に依頼するメリットはないと思い込んでいませんか。

 

離婚を決意した夫婦が財産や離婚に向けて今後のことをすっきりと後腐れなく決めることができれば、確かにそれに越したことはないのでしょう。

しかし、離婚問題においてはすっきりと納得して離婚できる夫婦は少数派です。しかも離婚問題は夫婦双方の感情が関係します。特に浮気などの男女問題で離婚話に発展した場合、怒りや悲しみによって、理性的に「結論」を出すことが難しいのです。

 

弁護士に離婚問題へのアドバイスを求めることにはメリットがあります。弁護士への依頼でどんなメリットがあるのか、離婚問題でありがちなケースを挙げて解説します。

 


弁護士に依頼することにより2つのメリットとは


 

離婚は「離婚届さえ出せればいい」と考えていませんか。

確かに離婚届を提出すれば離婚自体は成立しますが、離婚が成立することと、離婚にまつわる話し合いやトラブルが解決することは決して同義ではありません。

離婚が成立することと「離婚トラブルや男女問題の解決は別物である」「離婚が先に成立しても離婚条件で折り合いがつく」ことは別物です。

 

離婚届を先に提出しても、財産分与や慰謝料などの話し合いが成立していないと、本当の意味で解決したとは言えないのではないでしょうか。離婚後にも関係やトラブルを引きずることになるのは、得策とは言えません。

そこで弁護士の出番です。離婚届を提出すれば全てが解決するわけではないからこそ、弁護士に依頼するメリットがあります。

 

弁護士のメリット①「スムーズな解決が期待できる」


 

弁護士に依頼する第一のメリットは「スムーズな解決」です。

 

離婚成立前の離婚条件の話し合いの段階で弁護士に介入してもらうことにより、離婚をスムーズに進めることができるというメリットがあります。離婚届を提出することで「離婚条件が決まる」わけではないからこそ、弁護士に介入してもらうことには大きなメリットがあると言えるのです。

 

例えば、離婚したいのに夫が財産分与に難色を示していたらどうでしょう。一緒に暮らすのは苦痛で、もういっそ条件が決まらなくても離婚してしまうべきだろうかと悩んでいたとします。確かにそれも一つの方法ではあるのですが、離婚した後は互いに独身時代のようにフリーだからこそ、離婚後すぐに夫が行方をくらませてしまう可能性があります。

 

離婚条件は離婚前に決めておくことが望ましいのです。

 

しかし夫が難色を示していると、決まるものも決まりません。話し合いをしても堂々巡りです。離婚を早めに成立させたくても難しくなってしまいます。

こんな時は弁護士に依頼することにより、堂々巡りの状況を打破できる可能性が高くなります。法的なアドバイスのみならず、たくさんの離婚を見てきた弁護士により、より具体的な解決策の提示が期待できます。弁護士に依頼することによるメリットを存分に生かしましょう。

 

弁護士のメリット②「失敗し難い」


 

弁護士に依頼する第二のメリットは「失敗し難い」です。

 

配偶者が話し上手なケースでは、相手の話術に乗せられて不利な離婚条件を飲まされてしまうことがあります。例えば、夫は普段から話し上手で、相手によって上手く言葉や声調を変え、自分のペースに誘導することが得意なタイプであったとします。離婚話が出た瞬間、夫は譲歩を一切せず有利な離婚条件を提示してきました。離婚条件についての話し合いも、上手くペースに乗せられているような状況でした。

 

話上手な配偶者のペースで離婚条件を決めてしまうと「失敗した」と離婚を後悔してしまう可能性があります。もっとちゃんと自分の意見も取り入れた離婚条件にしたかったと後悔することもあるでしょう。

 

こんな時はやはり法律の専門家である弁護士の出番です。弁護士という専門家が出てくることにより、相手に心理的なプレッシャーを与えることもできます。

弁護士は離婚問題を法的な知識や経験で解決に導きます。配偶者が話し上手でも、法律知識や離婚問題の対処においては弁護士の方がより経験が豊富です。もちろん弁護士はクライアントの状況や要望を入念にヒアリングし、要望に添うかたちで動きます。交渉し難い配偶者や口が上手い配偶者に対しても、クライアントが不利にならないよう解決に導くことができるというメリットがあります。

 


最後に


 

この2つのメリットは、「離婚で困っている」「離婚条件が決まらない」「さっさと離婚してしまいたい」「離婚後も考えて専門家に相談したい」場合に大きなメリットになることでしょう。

離婚は確かに離婚届を提出すれば成立しますが、人生は離婚後も続きます。離婚後の生活も考えて離婚計画を進めたいものです。離婚では早めに弁護に介入してもらうことで、「スムーズ」「失敗し難い」の2つを、よりメリットとして生かすことができます。専門家を活用し、後悔しない離婚にしたいですね。