作成日:2018年02月12日

浮気する人しない人!それぞれの特徴と浮気を確かめる方法

588_1_150421180239191_700x

 

もし浮気をする人に特有の特徴が見られるとしたら、おつき合いするときにあらかじめ

 

「浮気しそう」「浮気しやすい人の特徴に当てはまっていそう」

 

と判断することができます。

 

判断できれば、今後のつき合いの参考にできると共に結婚という人生の一大イベントを決断する時にも役立ちそうです。浮気する人に特徴があるなら、是非とも知りたいものですよね。

 

実は「浮気する人」や「浮気する可能性が高い人」にはいくつか特徴があるのです。

 

離婚という悲劇を回避するためには夫婦円満を目指すだけでなく、最初から浮気しそうな特徴を持つ人とは慎重につき合うことも一つの方法ではないでしょうか。慎重なおつき合い、そしてあなた自身の幸せを掴むため、今回は「浮気する人の特徴」と「浮気する特徴を持つ人の浮気のみ破り方」について解説します。

あなたのパートナーは浮気をしやすい人の特徴を持っていませんか?

 


浮気する人の2つの特徴とは


 

「恋は盲目」という言葉があります。相手が配偶者であれ、現在の恋人であれ、あまりにも恋愛に熱くなってしまうと、相手を冷静に判断できないことがあります。

離婚は精神的にも肉体的にも大変なことです。

結婚してから「浮気で揉めないようにしよう」「浮気対策をしよう」と考えることも重要ですが、あらかじめ「浮気しやすい人の特徴」を知識として知っておくことも重要ではないでしょうか。知識を蓄えれば、いざという時に「浮気かどうか」を判断する基準として役立つはずです。

 

浮気しやすい人の特徴としては、次の2つが挙げられます。

 

よく嘘をつく
あまり我慢できない

 

パートナーにこのような特徴はありませんか。

「当てはまっている」という場合は、パートナーが浮気をしていないかどうか冷静に言動を見定めましょう。恋は盲目ではありますが、パートナーの行動は自分にも関係することですから、盲目にならず、しっかりと見定めて必要な対処をしたいところです。

 

 

① よく嘘をつく


よく嘘をつくパートナーには要注意です。

 

やましい行動があっても、常日頃から嘘をつきなれていると「嘘でどうにかなるでしょう」と軽く考えてしまいます。大きな嘘や冗談ではなく、保身のためのちょっとした嘘に頭を抱えていませんか。

よく嘘をつくパートナーは嘘をたくさんつくために、前に言ったことと後に言ったことのつじつまがとれないことがあります。
「昨日は仕事で遅くなった」「昨日は昔の知り合いと話し込んで遅くなった」・・・こんな言動の不一致が見受けられたら、浮気をはじめとした「隠したい何か」があるのではないかと疑う必要があります。普段から会話の中に違和感や不一致がないかチェックし、気になることがあれば書き留めておくといいでしょう。

浮気をしない人は「浮気を隠す必要がない」わけですから、浮気隠しのために言動がころころ変わったりすることが少ないと言えます。

 

 

②我慢が苦手


 

我慢が苦手なところも浮気をしやすい人の特徴です。

浮気をするかどうかは本人次第です。心惹かれる異性がいたら我慢できず声をかけ、恋愛関係に発展してしまいます。我慢強ければここでぐっと「浮気はいけない」と辛抱するのですが、欲しい物はすぐに買ってしまうタイプや、気になることはすぐに試してみたくなるタイプは、異性に対しても我慢することが苦手です。自然、浮気へと突き進んでしまうことが多くなります。

パートナーが「すぐに物を欲しがるタイプ」かよくチェックしておきましょう。

また、何らかの理由で購入を控えなければならない時に隠れてこっそり購入していないかもチェックしておきましょう。「隠れて手に入れる」ということは、異性だって「隠れて手に入れよう」とするかもしれません。パートナーが気になる女性や男性を目で追っていないか、パートナーが特定の女性(男性)のことを褒めたりしていないか注意しておきましょう。特定の異性の話題が多くなるということは、「欲しがること(浮気)」の兆候に等しいです。

逆に考えると、自分の欲や好奇心を抑えることができるのは浮気をしない人の特徴であると考えることができるのではないでしょうか。

 


最後に


 

浮気をしやすい人の特徴と、浮気をしやすい人の特徴ごとに浮気のチェックポイントについてお話ししました。

あなたのパートナーは好みの異性を見つけても「我慢」できそうですか。また、普段からよく嘘をついたりしませんか。「浮気」は隠れてすることです。そして、隠れてパートナー以外の異性を欲することがきっかけになります。普段からパートナーの言動に注意し、浮気する人の特徴が見られたら、さらに言動によく注意しておくようにしましょう。