作成日:2017年09月04日

こんな時どうする?男女トラブルの対処法

827f03799371905c77aa59b45914139d_s

 

恋愛はとても幸せなものという印象があるかもしれません。

 

しかし、恋愛は幸せな結婚や交際に繋がる側面を持ちながら、時に大変なトラブルに繋がることもあります。

 

恋愛の多くは男女の問題であり、人間の情が絡む問題です。法的な契約トラブルであれば法律だけで解決できることもあるのですが、男女の問題は人間の感情が絡むからこそ、法律で簡単解決できることはなかなかありません。解決できたとしても、そこに「感情」が残ってしまうのです。

今回は、そんな情が絡むこそ怖い男女トラブルへの対処法を考えてみましょう。インターネットが普及し、多くの人との出会いの場がたくさんあります。たくさんの出会いの可能性があるからこそ、知っておきたいことです。

 


〈しつこい付きまといやSNS上のメッセージ!こんな時は〉


 

 

インターネットが普及したからこそ出会いの場が増えました。

しかし出会いの場が増えたからこそ考えなければいけないのは、出会いが増えるとそれだけトラブルに巻き込まれる可能性があるということ。昨今、インターネット上には架空請求などのトラブルもありますが、男女の問題とくれば、ネット上の嫌がらせや付きまとい、しつこいメッセージです。中にはただしつこいだけでなく、人格攻撃や嫌がらせのようなメッセージを送られるという事例もあるようです。

これは決して男女の問題だけではありませんが、感情が絡む分、男女の問題はネットやSNSでの問題に発展しやすいことは確かです。

インターネット上の付きまといや言葉の暴力、嫌がらせ、しつこいメッセージ、性的な嫌がらせにあった場合は、何より自分で対処しようとしないことが重要です。自分で対処してしまうと嫌がらせがエスカレートしたり、さらなるトラブルに巻き込まれたりする可能性もあります。

まずはメールや画面の保存を行いましょう。データをプリントアウトし、それを持って警察や弁護士に相談するのがいいでしょう。

 


〈交際していたら既婚だった?浮気?恋愛のトラブルは〉


 

 

結婚すれば浮気はNGです。ただ、結婚していなければ恋愛は本来自由なものです。

 

素敵な女性がいれば「付き合いたいな」と思う男性もいるでしょうし、素敵な男性がいれば女性も「お近づきになれないかな」なんて思ってしまうことは仕方のないことではないでしょうか。それがあくまで純粋な交友関係、浮気なし、きちんとしたお付き合いであるならば、まったく問題ありません。しかし、時に男女のお付き合いがトラブルに発展してしまうこともあるのです。

例えば未婚だと言われて付き合っていたのに、後から既婚だと発覚したというトラブル。付き合っていて婚約までしていたのに、相手の浮気が発覚したなどのトラブル。こういった場合、両者で話し合って双方が納得できればいいのですが、相手がずるい嘘をついていた、また、婚約までしていたということであれば、なかなか当事者同士の話し合いで決着をつけるのは難しいかもしれません。

よく「慰謝料を払って!」なんていう言葉を耳にしますが、相手が素直に応じるのは稀です。また、慰謝料を請求できるケースなのかも専門家でないとなかなか判断できないですよね。だからこそ、相手と話し合いをするにしても、慰謝料の請求をするにしても、まずは弁護士に相談し、どんな請求ができるのか、相手にどんな謝罪を求めていけばいいのかをよく相談してください。

もちろん相談の時は「嘘をつかれていた」「騙されていた」「浮気されていた」という証拠を提示できれば、相談はより解決策を具体的に弁護士から提示してもらうことができるでしょう。

 


〈DVや言葉の暴力!精神的な苦痛も伴う男女トラブル〉


これは付き合っている男女に限らず、結婚している男女にもあり得るトラブルです。

 

家庭内で人格攻撃をされたり、暴力を振るわれたりする。また、無視をされたり、常に言葉を否定されたりしてしまう。

身体的な特徴や持病を馬鹿にされてしまう。もちろんこれは男女間に限らず、男と男、女と女、という友人同士にもあり得るかもしれない話です。しかし、結婚している夫婦間にこういった問題があれば、それは立派な男女のトラブルです。

解決方法としては、警察に助けを求めることが一つ。それから、早めに弁護士に相談するということも一つ。我慢していては苦しい問題です。自分がまず「何をするべきか」というところから相談するのがいいでしょう。

 


《最後に》


男女のトラブルで重要なポイントは二つ。一つは「自分で解決しようとしない」ということです。

 

自分で解決できるような簡単なトラブルだったらいいかもしれません。

例えば彼氏と喧嘩をして、お互いが「ごめんなさい」をするようなこと。これってトラブルなの?と首を傾げるかもしれないですが、付き合っている男女にとっては立派なトラブルです。けれどこれは話し合いや謝罪で解決できるわけですから、大きなトラブルというとちょっと違う気がしますよね。

男女の大きなトラブルといえば、付きまとい、人格攻撃、DV、浮気、交際で嘘をつかれた、などです。これはまさに男女のトラブルという感じですね。自分で対処しようとするとさらなるトラブルに発展する可能性があるため、なるべく早い段階で警察や弁護士に介入してもらう方が安心です。

また、その際、重要なポイントの二つ目として、きちんと「証拠をとっておく」ことを心掛けてください。証拠があることとないことでは、弁護士や警察のその後の動きも変わってきます。また、相手にしらを切られないという意味でも証拠保全は大切です。

この二点を意識してくださいね。危ないなと感じたらすぐに相談することをお忘れなく。