2016年12月02日

養育費・婚姻費用 新算定表が日弁連から提言されました。

先日,このようなニュースがありました。

 

http://www.asahi.com/articles/ASJCZ566FJCZUTIL028.html

 

 

日弁連が、養育費婚姻費用の新算定表の提言を発表しました。
新算定表はこちら
現在の算定表で試算される養育費より、全体的に1.5倍程度高くなっています。
現在の算定表の金額では、「こんな金額で子どもを育てるのなんてムリ!」「保育料でなくなっちゃう」というお話はよく伺っており,他方で,実務上は、どうしても現在の算定表ベースでお話を進めざるを得ないことが多く、もどかしい思いをしておりました。
いますぐに、新算定表が家庭裁判所の実務で採用される、ということは難しいですが、だからこそ、我々弁護士が現場で積極的に主張していくことで流れを変えて行かなければなりませんね。
早速調停で主張していこうと思います。
84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

 

 
→LINE@のお問合せはこちら

離婚・男女問題専門HP http://nakama-rikon.jp/
弁護士ドットコム(平成28年11月17日現在,神奈川県第1位)
離婚HP https://www.bengo4.com/kanagawa/a_14100/g_14104/l_263606/#pf3
刑事事件HP https://www.bengo4.com/kanagawa/a_14100/g_14104/l_263606/#pf5

事務所HP http://nakama-law.jp

2016年11月21日

【離婚】【養育費】過去の養育費をさかのぼって請求できるか

「今まで養育費を請求しなかったんですけど,子どもが私立に行くことになってお金がなくて・・。今までの養育費をまとめてもらえませんか?」

「揉めて離婚が長引くのが嫌で養育費を決めないで離婚してしまいました。今から過去の分もらえませんか」

 

このようなことでお困りの方いらっしゃるのではないでしょうか。

 

確かに,養育費は扶養義務に基づくものですので,請求しなかったからといってその間の扶養義務がなくなるわけではない,したがって過去の分もさかのぼって請求できるはず,こんな考え方もあり得そうです。

 

しかし, (さらに…)

2016年11月13日

解決事例【受任後1か月で不貞慰謝料を300万円から100万円に減額し和解した事例】

依頼者 女性40代 会社員
相手方 女性40台 主婦
 
【経緯】
依頼者が数カ月前,同じ職場の上司(相手方の夫)と関係を持ったところ,感づいた相手方が,依頼者と相手方の夫がホテルから出てくるところの写真を証拠として取られ,相手方が委任した弁護士から慰謝料300万円を請求する内容証明通知が送られた。同通知をもって事務所に相談に来られ,受任した
 
【対応】
8月上旬 受任。
受任当日に,相手方代理人に受任通知を送付
当方依頼者に資力がないこと,相手方が夫に慰謝料請求をする意向があることなどを書面で主張。
相手方から150万円の提案が届く。
さらに粘り強く減額を主張
 
【結果】
1か月後,100万円を一括で払う内容で和解成立
 
【ポイント】
当初依頼者が不貞関係を否認しておりましたが,ホテルから出る写真を撮られてしまっていること,不貞関係を争うには訴訟を覚悟する必要があり見通しは必ずしも明るくないこと,を説明しました。
相談にいらっしゃったとき,依頼者が精神的に疲弊されてましたので,早期解決により依頼者を精神的負担から解放してあげることを重視し,ある程度慰謝料を減額するとともに早期和解に持ち込みました。

 

 

神奈川県横浜市中区桜木町のなかま法律事務所は,桜木町駅徒歩2分,みなとみらいすぐのアクセスしやすい事務所です。離婚・男女問題,不貞慰謝料請求,刑事事件,中小企業法務に注力しています。特に離婚・男女問題,不貞慰謝料請求は,年間200件以上のご相談をいただいており,多数の実績がございます。カウンセラー資格を持つ弁護士がゆっくりお話を伺います。LINE@やお問い合わせフォームから24時間相談予約可能ですので,お気軽にお問い合わせください。

事務所メインHP http://nakama-law.jp/
弁護士ドットコム(平成28年11月17日現在,神奈川県第1位)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なかま法律事務所
http://nakama-law.jp
住所:神奈川県横浜市中区桜木町2-2
港陽ビル3F
TEL:045-550-3528
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年11月04日

離婚調停における当事者のプライバシー配慮

今日は,離婚調停で,名古屋地方裁判所岡崎支部に行ってきました。
 
家庭裁判所の細かい運用(というほど大げさではないですが)は,裁判所によって違います。
 
①東京家裁 横浜家裁
事前に待合室が指定されていて,待合室に直行
待合室にベビーベッドと絵本
ふつうに「○○さん」と名前で呼ばれて調停室に行く
 
⓶さいたま家裁
事前に待合室が指定されていて,待合室に直行
名前ではなく事件番号で呼び出す
ベビーベッドと絵本が置いてある
 
たいがいの裁判所はこんな感じです。
 
③今日行った岡崎支部は,
ア 事前に待合室の指定はない。まず書記官室に。
  書記官室に入ると、受付に半透明の仕切りがあって、書記官が仕切り越しに対応。期日一覧で出頭確認し,待合室へ。
 →他の期日の当事者名が見えないよう配慮されている。
イ 待合室には,BGM(クラシック)がかかっている。絵本だけでなく小説が備え付け。(職員が持ち寄っているのでしょ うか?割と最近の小説もありました。
 →裁判所でBGMがかかっているのは個人的には結構衝撃的でした。
ウ 待合室も,ベンチとベンチの間に仕切りがあって、待合室の中で他人と目が合わないようになっている
 
地方(というと失礼かもしれませんが)では,世間体を気にしたり閉鎖的なところもあるのでしょう。ご近所さんや知り合いに裁判所に来ていることを知られないようにプライバシーに配慮してるようですね。
なかま法律事務所では遠方での調停対応行っております。
妻(夫)が実家に帰ってしまったが,遠方での調停に出廷できない・・という方は弁護士に調停を依頼することで弁護士に代理人として出頭してもらうことが可能になります。
事務所離婚専門サイト http://nakama-rikon.jp/
弁護士ドットコム(平成28年11月17日現在,神奈川県第1位)

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なかま法律事務所
http://nakama-law.jp
住所:神奈川県横浜市中区桜木町2-2
港陽ビル3F
TEL:045-550-3528
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

(さらに…)

2016年10月14日

【離婚したい妻 修復したい夫】 夫婦関係を修復したい人もご相談ください。

離婚したい夫,修復したい妻,でも別jにいいのですが,他意はありません。
修復したい側はどういった手段をとるべきでしょうか。
よく弁護士から提案する手続きは,「円満調停」です。

(さらに…)

なかま法律事務所は、気軽に相談できるアットホームな法律事務所です

なかま法律事務所では、離婚・交通事故・不動産トラブル・刑事事件など様々な問題と真摯に向き合います。顧問弁護士は法人だけだと思っていませんか?横浜にある当法律事務所は、個人向け顧問弁護士サービスもご用意しております。万が一のトラブルに巻き込まれたとき、急遽法的書類の提出が必要になったとき、なかま法律事務所はいつでも必要な時に相談できる法律事務所として、皆様にとって身近な存在でありたいと考えます。
なかま法律事務所は、JR根岸線・横浜市営地下鉄「桜木町」駅より徒歩2分の場所にございます。横浜市にあるなかま法律事務所ではご相談者様の気持ちを何より大切にしておりますので、お気軽にご相談下さい。